Since1917

ライオンズクラブの歴史

1917年:その始まり シカゴのビジネス界のリーダーであったメルビン・ジョーンズは、人々が地域改善の ために取り組んだらどうなるだろうかという、シンプルでありながらも世界を変えるような質問を投げかけまし た。それから約100年、ライオンズクラブ国際協会は46,000を超えるクラブで活躍する140万人以上の会員を擁す る世界最大の奉仕クラブ組織に発展し、「人類のためにライオンズがともに集うとき、達成できないことなどな い」という創設当初と同じシンプルな考えのもとに無数の奉仕を行ってきました。

1920年:世界にはばたく 創設からわずか3年後にカナダで最初のクラブが結成され、ライオンズは国 際的な組織となりました。1927年にはメキシコがその後に続きました。1950年代と1960年代にはヨーロッパ、ア ジア、アフリカで新しいクラブが結成され、ライオンズは国際的な発展を遂げました。

1925年:失明根絶 米国オハイオ州シーダーポイントにおけるライオンズクラブ国際大会で講演をしたヘレ ン・ケラーがライオンズに対し、「盲人の騎士」となるよう呼びかけました。それ以来、私たちは失明者など視 覚障害者への援助に力を注いでいます。

1945年:諸国を結ぶ 国際的な組織としての理念は、ライオンズと国際連合との不朽の結びつきが具体的に 表しています。ライオンズは国際連合が協力を求めてきた最初の非政府組織の一つとして国際連合憲章の起草に 助力しました。それ以来、国連の仕事をサポートしています。

1957年:青少年プログラムを企画 1950年後半、私たちは世界中の青少年にボランティア活動を通じて 個人的な成長を促す機会を提供すべくレオ・プログラムを設けました。現在世界140カ国以上の6,700のレオクラ ブで、168,000人のレオ会員が活動をしています。

1968年:ライオンズの財団創設 ライオンズクラブ国際財団(LCIF)は世界規模および大規模な人道的 事業に取り組むライオンズを援助します。地域の、そして世界各地のニーズを満たすため、ライオンズは財団を 通じ、94,900万ドル以上の交付金を受けました。

1990年:視力ファーストに着手 LCIFを通じてライオンズは、視力ファースト・プログラムにより全世界 で視力回復と失明予防に努めています。1990年に着手したこの取り組みのために、ライオンズは41,500万ドル を超える資金を集めています。視力ファーストは失明の主な原因である弱視、トラコーマ、河川失明症、小児失 明症、糖尿病性網膜症、緑内障と戦っています。

2014年:100周年記念奉仕チャレンジ ライオンズクラブ国際協会は、青少年、視力、食料、環境に影 響を与える奉仕事業を1億人以上に届けることを約束して、100周年祭を開始しました。地域社会と国際社会を強 めるためにともに集うことによって、ライオンズはその奉仕の長い伝統をたたえつつ、将来に目を向けます。

2017年:100周年記念とその後 ライオンズは創立100周年を祝い、奉仕の次世紀に焦点を合わせて行な われる新たな世界的奉仕を始めるために備えます。

ライオンズクラブ国際協会の目的 :

世界の人々の間に相互理解の精神をつちかい発展させる。
よい施政とよい公民の原則を高揚する。
地域社会の生活、文化、福祉、及び公徳心の工場に積極的関心を示す。
友情、親善、相互理解のきずなによってクラブ間の融和をはかる。
一般に関心のあるすべての問題を自由に討論できる場所を設ける。
ただし、政党、宗派の問題をクラブ会委員は討論してはならない。
奉仕の心を持つ人びとが個人の経済的報酬なしに社会に奉仕するようはげまし、
また、商業、工業、専門職業、公共事業および個人事業の能率化をはかり、
道徳的水準をさらに高める。

ライオンズクラブ国際協会の沿革とその組織:

ライオンズクラブ国際協会は1917年アメリカ合衆国シカゴ市で誕生した。創立者メルビン・ジョーンズは当時シカゴ市において保険代理店を経営し、ある実業団体の会員として市の有力老たちと交際しているうちに、こうした集まりが単なる商売上または社交上の集まりにとどまらず、社会のためになにか有益な団体とたり得ないだろうかという夢をいだきはじめた。そこでメルビン・ジョーンズは合衆国内の各種団体に呼びかけて、各地の指導的立場にある人々による社会奉仕団体の結成をもくろんだのである。かくして1917年6月7日シカゴのホテル・ラサールのイーストりレームで、合衆国の各地から集まった約20名の代表者が最初の会合を行い、そしてその年の10月8日から10日までの3日間22クラブの代表者36名がダラス市のアドルファス・ホテルに集まって第1回の大会を開催し、ここに正式に「ライオンズクラブ協会」の名称を採用したのである(初代会長W.P.ウッズ)。1920年3月12日、カナダ・オンタリオのウインザー市にアメリカ合衆国外の第1番目のクラブが結成され、協会の名称も「国際協会」となった。以来メルビン・ジョーンズが協会とともに歩んだ半世紀の問に、協会の目的と綱領に対する共鳴者は全世界に広がり、現在では、世界210カ国に140万を超える会員を擁する世界最大の国際的社会奉仕団体となった。
正式名称は「ライオンズクラブ国際協会:The International Association of Lions Clubs」(通称LionsClubsIntemat1onal)である。1953年の国際大会決議によって、シカゴ市のミシガン大通りに設置された本部を、1972年、20年ぶりに移転したものである。メルビン・ジョーンズは、1961年、82歳の生涯を閉じたが、この偉大な創立者に対し、1958年、国際理事会は「創立者兼総幹事」の称号を贈って、その功績をたたえている。国際協会は、国際会長、前会長、第1副会長、第2副会長および33名の理事で構成する国際理事会によって運営される。1978年6月、東京において開催された第61回国際大会では、故L.村上薫が、日本から初めて第3副会長に選出され、1981-82国際会長を務めた。ついで、1987年7月、台北において開催された第70回国際大会ではL.小川清司が第3副会長に選出されたが、1989年9月、第1副会長在職中に逝去された。

スローガン

Liberty、Intelligence、Our Nation's Safety
"自由を守り、知性を重んじ、我々の国の安全をはかる"

モットー

"We Serve“われわれは奉仕する"

ライオンズの誓い

われわれは知性を高め、
友愛と相互理解の精神を養い、
平和と自由を守り、
社会奉仕に精進する。

協会の使命声明文:
地域運動と国際協力などのボランティア活動を実施し、すべての人々のうちに人道奉仕の必要性を理解する心を養い、育てる。


ライオンズ道徳綱領:

★職業に対する不断の努カが正しく賞賛されるように心がけ、自已の職業の尊さを確信すること。
★事業を成功させて、適正な報酬や利益は受けるべきであるが、自已の立場を不当に利用したり、人に疑われる行いをして自尊心を傷つけてまでも利益や成功を求めないこと。
★事業を遂行するにあたっては、他人の事業を妨害しないように心がけ、顧客や取引先に誠実であり、自已にも忠実であること。
★世人に対する自已の立場や行いに疑いが生じたときは、世人の立場に立って解決にあたること。
★真の友情は損得の上に築かれるものでなく、心と心のふれ合いによるものであることを自覚し、手段としてではなく目的として友情をもつこと。
★国家および地域社会に対する公民の義務を忘れず、かわらぬ忠誠を言動にあらわし、すすんで時間と労力と資力をささげること。
★不幸な人には同情を、弱い人には助力を、貧しい人には私財を惜しまないこと。
★批評は謙虚に、賞賛は惜しみなく.、建設を旨として破壊をさけること。